2011年09月30日

「父さんへの手紙」早川義夫

歌は歌のないところから聴こえてくる

僕にとっての、この一曲

聴く度に不思議と涙が溢れます。


20代の頃、早川義夫さんのライブには何度も足を運びました。
早川さんの著書「ラブゼネレーション」はバイブルでした。
いつも独りで座って耳を傾けるのが好きでした。

とても恥ずかしそうに、でも正直に音楽を紡ぎだす早川さんは真のパンクロッカーだと思います。




- 早川義夫さんについて -
私が早川さんの音楽を知ったのは確か、NHK音楽番組での演奏した。
ちょうど早川さんがソロとして音楽の世界に戻ってこられた時だと記憶しています。
ピアノの弾き語りをするその指先は震え、緊張感はブラウン管を通して伝わってきました。それでも震える声は力強く、私は画面に釘付けになりました。その演奏に感銘を受けて以来、早川さんのファンです。

グループサウンズ全盛期60年代後半、早川さんは「ジャックス」のメンバーとして活動。
そのあまりに陰鬱でサイケデリックなサウンドは当時の日本では受け入れられなかったそうです。痙攣したようなファズギターにドロドロのサウンド、心の闇を吐き出すようなヴォーカル、90年代になって初めてジャックスの1stアルバムを聴いた時、稲妻に撃たれたような感覚を覚えたのが忘れられない。「こんなにカッコいいバンドが日本に存在したんだ!」当時、ドアーズ、イギーポップなんかを愛聴していた私は直ぐにジャックスの虜になったのでした。

バンド解散後、若くして早川さんは本屋さんに転身され、その後長い間、音楽活動を一切していなかったそうです。「歌は歌のないところから聴こえてくる」早川さんはきっと本屋をされている間もずっと音楽を紡いでおられたのだと思えるのです。。

私はジャックス時代の早川さんも好きですが、ソロになってから現在の、剥き出しな感じの歌が好きです。飾りの無い分、時に痛々しくも思えるけれど、それでもとても好きなのです。

ディス イズ パンク!!!!

ほんまカッコええなぁ◎

歌は歌のないところから聴こえてくる
早川義夫
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ (2000-01-21)
売り上げランキング: 124669


61MSqbFhGKL._SL500_.jpg文庫:ラブ・ゼネレーション (ROCK文庫)

「絶対に、この曲!!」ブログトーナメント
にほんブログ村 音楽ブログへ
人気ブログランキングへ


追記:
ファンだとか、現在の早川さんが好きだとか言っておいて、お恥ずかしいのですが、そういえば近年の情報を知らんなぁと思い検索してみたところ、精力的にライブされているんですね。
京都に来られるみたいなので行ってみようかしらん。

早川さんのホームページはこちら

新しい著書『いやらしさは美しさ』も出版されているみたいなので是非読んでみたいと思います。

いやらしさは美しさ
いやらしさは美しさ
posted with amazlet at 11.10.02
早川 義夫
アイノア
売り上げランキング: 74146






posted by ito at 17:36| Comment(0) | 音楽日記