2011年10月13日

音楽についてグルグル・・・

音楽は自由にする
音楽は自由にする
posted with amazlet at 11.10.13
坂本龍一
新潮社
売り上げランキング: 73252
いやらしさは美しさ
いやらしさは美しさ
posted with amazlet at 11.10.13
早川 義夫
アイノア
売り上げランキング: 48271

先日の坂本龍一「音楽は自由にする」に続き早川義夫著「いやらしさは美しさ」を読み終えた。音楽についてボンヤリと考え続けている私にはとても面白い2冊であった。

「いやらしさは美しさ」早川さんは音楽に守られている、癒されていると感じた。
「歌いたい事があるから歌うんだ」と言う早川さんの著書から伝わってくるのは、彼が歌う事で守られているんだという事。「歌いたい事が無いならば声に出して歌う必要は無い。それも音楽だ」と言い切る著書はそう感じてはいらっしゃらないのかも知れない。私は自分の音楽に癒されるということ、守られるという事を悪くは思わいない。きっとそれも音楽の持つ魅力なのだと思う。それも分かっているのだが、今の自分はまだ音楽に守られるだけの音楽はやりたくないってのが本音のところだ。ただの親父バンドは面白くないって微妙なお年頃なのか?

今の私は音楽に必然性を持たせようとし過ぎる事に疑問を感じ始めている。
パンクという音楽に出会って以来、私は「音の並び」よりも「感情(メッセージ)」が大切だと信じ続けてきた。言葉にならないメッセージを爆発させ音にするパンクミュージックが今でも大好きだ。

しかしパンクには「感情(メッセージ)」と共に「自由な実験精神」がある。それこそ音を楽しむ「音楽」じゃなかろうか。おっと!難しい事考え過ぎて大切な事を忘れてたじゃねーか!そもそも私が音楽を始めた頃は音を鳴らす、重ねてハーモニーを作るって事が楽しかった訳で、元来、音を楽しむ「音楽」が好きなのだ。バカは考え過ぎるといけねーや!ってな思考回路をグルグルするので私は結論をだすのに膨大な時間を費やしてしまう癖がある。今日は上手く着地できたけれど、明日はまたグルグルするのかも知れない。ウジウジしてたらまた叱られちゃうぜ!

坂本龍一の「音楽は自由にする」ってタイトルの持つ意味が分かった気がする様な気がする様な気がする・・・◎


N'夙川BOYS / プラネットマジック


雑誌「少年チャンピオン」のインタビューより→
マーヤ「ホンマに、みんなにもインスピレーションを大切にしても-らいたいです。ひらめいたことがあったら、『こんなのやっちゃダ-メやろな』って切り捨てないで、とにかくやってみて。例えば一本-のギターを二人で弾いてみようか、とか。やってみたら、何か生ま-れる。あかんかったら『あかんかったな』って言って笑ったらいい-から(笑)。僕らも、まだ絶対発掘されてないおもしろいこと、カ-ッコいいことの可能性を探してやってます。ロックンロールって、-そういうふうに今まで引き継がれてきた音楽だから」


久しぶりにCD買いに走りたくなった。。
PLANET MAGIC (初回限定盤)
N’夙川BOYS
ビクターエンタテインメント (2011-08-03)
売り上げランキング: 580



にほんブログ村 音楽ブログへ人気ブログランキングへ
posted by ito at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽日記