2011年10月08日

坂本龍一さんの自叙伝「音楽は自由にする」

坂本龍一さんの自叙伝「音楽は自由にする」を読み終わった。
「音楽は自由にする」ってタイトルが気になったので手に取ってみた。

本書には坂本龍一の幼少期から現在(2009年)までの人生が時系列に沿って淡々と書かれている。

本人も書いておられるのだが「僕の人生は行きがかり上、そうなった事ばかりなんです」・・・ですと。

読了後の感想は「この人、人生順風満帆、トントン拍子、挫折知らずじゃねーか!羨ましすぎるぜぇ」ってな具合である。交遊関係も華やかでとても素敵な人生を送られているんだなぁと関心してしまう。。きっと音楽に関しては随分勉強されているはずだし、ご苦労もあっただろうと想像するが、余りそういう苦労話に関しては語られていない。いや語られてはいるがサラッとしていて印象が薄い。私の嫉妬のせいだろうか?それとも演歌的発想がお嫌いであろう坂本さんがあえて語らなかったのか?
「音楽(芸術)にはパッションが何より大切だろーが!」と信じてしまっている自称岡本太郎支持派には少々ショックな内容である。

しかしながら、音楽(音符の並び)に関する探究心は半端無いので、実験音楽や音楽の歴史なんかに興味ある方にとっては良きディスクガイドになるのではないだろうか。

好奇心旺盛なアンドロイドであるような印象を本書からは感じるのだが、そんな坂本氏が作る音符の並びに心揺さぶられたりしてしまうのだから音楽は不思議だ。
私はYMOのアルバム「テクノデリック」最後に収録されているEpilogueがめっちゃ好きだ。なんて美しいんだろう!


しっかし私が恐ろし過ぎて読み切る事が出来なかった島尾敏雄の本を、女の子を誘う際の口実に使うだなんて信じられん・・・「女の子はこういうちょっと難しくて暗い話が好きだったりするんですよ」さすがアンドロイド教授!オシャレだ。


音楽は自由にする
音楽は自由にする
posted with amazlet at 11.10.08
坂本龍一
新潮社
売り上げランキング: 12051


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
posted by ito at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48383650

この記事へのトラックバック