2011年11月26日

自信回復作戦 - 「すぐに役立つとっておきの考え方」ジェリー・ミンチントン著

現実の様々な状況、震災といった大きな事から、ごく身近な事柄まで、色んな情報に気分を振り回され過ぎる、この不安定極まりない自分の感情を上手くコントロールできないものかしらと思う今日この頃です。

どうしてこんなに落ち込むのか、自信を失ってしまうのか。
決していつでも落ち込んでいる訳では無く調子が良い時もあるのに、どうにも安定していられない自分をなんとかコントロールしたいものだと思うわけです。

「自信、揺るがないポジティブシンキングさえありゃ俺は無敵だ!きっと全て上手く行くぜ!アレス イスト グート!」とか思ってたりします。きっとそれだけじゃイカンのだろうけれど、まず大切なところはそこじゃねぇのかと信じておるのでございます。

そんな時巡り会ったのが本書「すぐに役立つとっておきの考え方」ジェリー・ミンチントン著であります。(原題 Maximum Self-Esteem 最大限の自尊心)
胡散臭いタイトルなので普段なら読まない部類の本なのですが、今の自分にはピッタリ、ハマったのでありんす。

健全な自尊心を高める事が幸福に直結していると著者は言いきっておられます。
ちょっと乱暴な気もしますが、回りくどい言い訳などが省かれている分、実に爽快で分かり易く好感が持てる文章です。

健全な自尊心とは、肩書きや能力に関係なく、ありのままの自分の価値を認める事、自分を愛するって事です。正しく自分を受け入れる事は、正しく他人を受け入れる事にも繋がります。こりゃ良い考え方だな!

とは言っても現実には他者への責任や義務ってのが存在しています。勿論それは大切な事ですが、自尊心を蔑ろにした責任感や義務感では面白くないと思うのです。
ニュース等でビックリする様な汚職事件が起っていたり、ありえないような暴言を吐いてしまう政治家がいたりするのは、健全な自尊心を欠いた、肩書きや能力にかまけた偽プライドだけの人間が増えているせいではなかろうかとも思います。

健全な自尊心には正しい自己責任も伴います。自分がしようと思う事に責任を持つ。これって意外に忘れがちな事ではないでしょうか?他人のせいにしてみたり世の中のせいにしてみたりする事を辞めて自分で決定する。他人の意見は参考にはしても振り回されない。そしてこれが、他者には他者の自己決定があるのだからそれを尊重するって事にも繋がっていきます。

これは非常にシンプルで分かり易い考え方だと思いました。
今まで複雑に考え過ぎて、間違った責任感や義務感に押し潰されそうになってたのが、スゥーッと楽になった気がします。

なお本書読了後、3日間は高い自尊心を保てるので清々しく生活できますが、一読しただけでは、やはり効力は持続しません。。
イカンイカンとは思えど、何かを他人のせいにしてみたり、自分の価値観を他人に強要してしまったりもしちゃいます。

健全な自尊心を育てるにはまだまだ修行が必要なようです。
本書は絶版になっているようなのですが、ネットでほぼ送料のみで購入できました。
便利な時代だ。南無阿弥陀仏。





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
posted by ito at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51035270

この記事へのトラックバック