2011年04月22日

夢日記

俺は山中を走っていた。過酷なレースだ。
ライバル達を追い抜き疾走する。冷たく湿った空気が気持ち良く肌に触れる。
もう30キロは走っているだろうか・・・
ふいに強烈な感動に襲われる。「これがランナーズハイってやつか!」
俺は咽び泣き、嗚咽、号泣しながら疾風のごとく走り続けた。
ライバル達は卑怯にもオートバイに乗って追いかけてくる。
しかし、俺は負けない。
ターザンのようにロープに掴まり、木から木へと飛び移るように走り続けた。
転倒し爆発炎上するオートバイの残骸を横目に俺は自分の肉体だけを信じゴールを目指す。

あたりが暗くなった頃、遂に俺は感動のゴールをむかえた。
友人に確認したところ、俺は50キロ100人規模の鉄人レースを5着でゴールしたらしい。
感動に包まれ、油断すると溢れてくる涙をこらえながら、俺はレースを終えた。
「バイクでゴールした奴らもいるんだし、実質のところお前には3着の価値はあるぜ!」友人はそう言って俺を讃えてくれる。

なんて感動的なんだ・・・

内股に心地よい疲労感。。筋肉痛で明日は動けないな、ふふふ・・・



てな夢をみてた。

すべてフィクションである。

実際の私には体力などまるで無く、ちょっと走っただけで、いや、駅の階段を登るだけでも息が上がってしまうような具合なのだ。ランナーズハイなんてまるで知らんし、走り終えると何処の筋肉が痛むのかも知らない。

間違いなく、マラソンをしている友人の影響で見た夢なのである。


でもめっちゃ感動したんだって!夢だったけど・・・
posted by ito at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月18日

『Regret』

わりと周りからは温和な人物として見てもらっているのだけれど、人と言い争いになる事が時々起る。
始めは自分の主張を頑として譲らないから、勢い良くぶつかってゆく。
今まで言い争いに勝利したような記憶はほぼ皆無だが、それなりに主張できた事に満足いくこともある。

ただ問題なのは、言い争っている最中、または争いが沈静化して暫く経ってから自分の間違いに気づく場合である。

これは非常にこっぱずかしい。。。

言い争っている最中に己の間違いに気づいたときは、途端に勢いを失い赤面しながら平謝りに転じる。。恥ずかしくて涙がでる。

沈静化後、ひと月ほど経ったある日、不意に自分の間違い、愚かさに気づくこともある。これまた特に恥ずかしい。後悔の波が押し寄せる瞬間だ。
何かの作業中、「あっ!!」って感じで気づくのである。

「うわ〜俺間違ってた!どうしよう、あんな事言ってしまって!ううっ謝らねば!」ってな感じである。

思慮深い人間になりたいと普段から思ってはいるのだが、これが中々そう上手くいっていないのが現状だ。

おぉ恥ずかしや。

そんなときにはこの曲NEW ORDERの『Regret』を必ず聴きます。
http://youtu.be/IHGYkYBD0h4

あと何回この曲聴けば賢くなれるんかしら。南無阿弥陀仏。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
posted by ito at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月12日

猫の魔力

本日は晴天なり。。
春の日差しは心地よく出先よりの帰宅途中、猫ちゃんに遭遇!
といっても野良猫ちゃんではなく、首輪にリードありの猫ちゃんなので会いたいと思えば何時でも会えるのだろうけれど、私はおおいに感動したのである。

なんと可愛らしいことか!
110412_1148~03.jpg
彼(彼女?)はとても友好的で小さな頭を
スリスリとやってくるではないか。
舞い上がってしまった私は同行していた友人を早々に帰し、「僕はここに残ります」と
猫ちゃんの隣に膝まづいた。

友人への気遣いを忘れ、猫ちゃんに舞い上がってしまった事を思い返すと少し恥ずかしくなるが、こればかりは仕方の無い事なのである。猫の魔力!

とは言うものの私は「猫」について多くを知らない猫好き初心者だ。

同居した事など一度もないし、つい半年前まではその魅力にさえ気づかずに生きてきたのだ。「ネコのうんこクセ〜なぁ」ってなもんだったのだ。

110412_1148~04.jpgところがここ最近になって猫ちゃんの魅力に
やられてしまっている。
彼らと同じ地球に生きられる事に喜びを感じ
ている。(少し大袈裟だな)

よし、彼らの魅力に気づけた事を喜びつつ
これからは生きて行こう!

彼を紹介してくれた友人には感謝している。
良いとこだ谷町九丁目。

なお、写真を撮らせていただいたのだが、
興奮と緊張のあまり手元がくるってしまって
いるので悪しからず…
posted by ito at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記